前へ
次へ

食事のときのマナーについての話

マナー、という言葉を聞くと眉をひそめる人も多いことでしょう。
よくわからないルールにいつ引っかかるかどうかの恐怖感に悪く言えば気持ち悪ささえあるなんてこともあります。
何かわかりやすい起源でもあったりするか、露骨に目の前でやられては不快であることならばともかく難しいものも多かったりします。
その中でやはり一般的なのは箸の持ち方であることは基本的なことです。
それは高価な店であっても、気軽に入れる店であっても変わらず、そしてそれは隠すことができないままに人に晒す行為だからです。
これが食べやすいんだ、これがいいんだという考えは確かにあることでしょう。
それでも、一般的な持ち方をすることはやはりマナーに負けるという意識があるかもしれませんが一般的な美しい所作であるといえます。
美しく持って、食べるということは基本であり、それが少し外れてしまうと人から奇異の視線で見られることは覚悟しなければならず、意固地になっても不快感としてそれは自分に重くのしかかってしまうことでしょう。

Page Top